ページビューの合計

2013年3月22日金曜日

無理層

こんにちは。 赤魚のほうです。

最近、まったく更新をしていなかったので、近況やら、これからやろうとしている事だけでも書いていこうかと。。。





















コレは空気コンデンサ、t2のアクリル板に、t0.3のアルミ板を貼り付けただけの簡単なものです。電極間はおよそ1.4mmで、周りについている磁石は、位置決めを簡単にしているだけのもの。
容量を測ってみると、アクリル板の撓みで結構容量にばらつきが出てしまう問題があるので結局、なにか誘電体を挟んでやって、安定した容量にしようかと検討中ですが、何を誘電体にするのかはまだ未定。
空気以外の誘電体を挟んだ時点で、もう空気コンデンサじゃなくなってますけどね...





















見えにくいですが、板はこんな感じに、レーザー加工機で加工しています。
拡大してみると、微妙に切れてるのが分かります。
レーザーの出力とか加工スピードを調整すれば一回で切断できる筈ですが、設定が良く分からなかったので、低出力、高スピードで何回も同じ枠をなぞりながら加工しました...
レーザー加工機の全体はこんな感じ。。。どう見てもプリンター













































上の、教科書の例題に載っているようなLCRの回路図は、電界結合方式の無線送電の等価回路。

コンデンサの構造は誘電体(絶縁)を挟んだ電極で構成されていますから、導体でつながれていなくても、LC共振条件の周波数で電流を流せば(?)絶縁層を挟んでいても電気が流れるという仕組み。
アクリルとアルミ板で作ったコンデンサはこの電界結合方式の実験用に作りました。
効率90パー以上出れば万々歳

交流電源には、13.56MHzの高周波電源装置を使う予定。周波数が周波数なだけにSWR計とかで反射波を見たり、LPFを通してやる必要があります.
肝心の電源装置の写真が無いのは学校においてきてしまい、写真を撮るのを忘れたから...
実験が、終わったらすぐにでも更新する予定です
では。

2013年1月1日火曜日

明けまして

明けましておめでとうございます。
ついに2012年に地球は滅びませんでしたね。
年が変わる瞬間にジャンプしてそのとき地球に居なかったぜ!という遊びを忘れててげんなりです。

ちなみに、ワインの瓶を削っておりました年越しの瞬間。

そういえば、我が家のデジイチが昨日修理より戻りました。
しかし、家にてデジイチの感触を確かめているうちにどういうわけかレンズのズームが固定されてしまいました。内部で何か挟まった様で、レンズを回すと金属が削れる痛々しい音がします。
ズームはほぼ固定状態です。

なので、今回のブログの写真は被写界深度浅めになっております。まぁ、見て分かれば問題ないですよね。

さて今回は、あれです、簡単なビンの切断方法でも書いておきます。
ア理科などでも方法が書いてありますが、多分もうちょっとだけ確実に切断できます。














とりあえず、使う瓶はこんな感じのです。近くのコンビニで買ってきて父親に飲んでもらいました。







ガラスカッターと熱源です。
熱源はロウソクや写真にあるようなランプがベストです。できるだけ細い熱源が望ましいです。


ガラスカッターは、カッターの先端を適当な木材に移植したものを使います。
元になったガラスカッターは1000円程で購入可能です。


写真の様に、ガラスカッターを瓶に押し付けて傷を付けます。
これが結構な力作業です。瓶をがっしり掴んで、カッターを固定し、ビンをまわしながらカッターの歯にあてます。
2,3周させます。傷がムラなく付いているか確認してください。



炎の大きさが調整できる場合、このくらいの大きさにしてください。
風がないところで作業することをおすすめします。



作業はいたって簡単です。
熱源でビンに付けた傷周辺を加熱します。
炎の上にビンをかざしてゆっくりと回します。速度で言うと、1cm/sほどでしょうか。
また、炎とビンの距離はおよそ1cm程に保ってください。この条件で、2,3周させます。

加熱が終了したらすぐに水道の水で冷却してください。温度が設定できれば、可能な限り下げてください。ビンを加熱しすぎていると、傷周辺から縦方向にも亀裂が生じ、失敗します。

冷却が終了したらタオルで水を拭き取り、再び加熱します。

この作業を4回から10回ほど繰り返します。



すると、





このように、傷から2mmほど内側に亀裂が入っているのが見えます。少々力を加えると、ギリリとガラスが擦れる音が微かに聞こえます。ここまで亀裂が入ると、作業中にいきなり分離します。
亀裂が確認できたらもう少しです。本当に急に分離するので、加熱時は注意してください。
ビンの底が落ちてロウソクに接触して火が燃え広がり火事にでもなったら大変です。



作業を続けると、見事に分離します。しかし、切断面は決して綺麗ではありません。
よく観察すると、切断というよりも上手いこと割っていることがわかります。
切断面はがたがたで、高低差1mmほどあります。
そのため、ビンの切断面を1mmほど削ります。



このように、2種類の紙やすりを用意し、


普通に水研ぎしてください。この作業が一番大変です。自分が意識して出せる力の80%くらいの力で30分ほど削ります。
完全に凹凸を削り取れたら、細かいヤスリで切断面を磨いてください。


上手いこと磨けました。ここまでに、1時間半ほどかかっています。

一方、切断面が整えられていない方。表面がガタガタであることがわかります。



綺麗に磨くと、このようにゴム板がなくても真空引きが出来ます。塞いでいる板はアクリルです。やはり少々漏れますが。



およそこんなところです。
できれば、本番の加工前に、小さいビンで切断の練習をしておいたほうが無難です。
自分は、4本ほど練習しました。おかげで確実に切断することが出来ました。


今回の記事はこれで以上です。




2012年12月28日金曜日

このタイトルは表示されません

みなさんどうも、二人いるうちの、中二病の方です。こんばんわ。
たぶん、今年最後の更新になることと思います。
たぶん。

とりあえず、いつも通りの流れで更新していきます。



そういえば、京都に行ってきました。学校の工場見学的なやつで、結構楽しめました。
宿泊したホテルが個室で、自分の部屋に何人も集まってきてUNOをやるという定番ごっこしてました。酒に酔った材料力学の先生も途中でUNOに参加してきてまぁまぁ面白かったです。




最近はよくグライダーのラジコンを飛ばしに行ってます。形的には、父の趣味に参加させてもらってる感じでしょうか。行くたびに自分ばっかり飛ばさせてもらってちょっと申し訳ないかも。

やはり、こういうセスナ系の機体は夕日をバックに飛ばすと絵になります。



もうちょっと画像全体を暗くしたかったのですが、我が家のコンデジではどうも。






秋あたりに、トンボが大量に襲来しました。
どこにもピントはあっていませんが、トンボとグライダーのクロス




最近は高圧電源を作ってます。
入力140Vで出力可変、フルブリッジでZVSな感じで。
まずは、交流80kVくらいを目標にボビンを作成しております。
画像は、ボビンの羽を整形している場面です。




すでにツイッターに画像が上がっていますが、ニキシー管もどきです。
なんか、右側の銅管からビームが出ているようにも見えますが、普通に針金です。


実験中、普通に周りのらせん状の針金がなくても割と問題なく動作することがわかりました。
ただ、画像には映っていませんが、この画像のすぐ左からはプラズマがもりもりしてます。


この角度でみると、いよいよ銅管からビームが出ているようにみえますね。
そうでもないでしょうか?


明るいところでみると、全然きれいじゃないですね。これだからコンデジはって感じでしょうか。
デジイチは現在入院中です。2週間後に戻ってくるのだとか。



これは、木に高電圧をかけて2013という文字をなぞろうとして失敗したもの。
途中まではうまくいっていたのですが。撮影しようともう一度電圧をかけたら1と3が短絡したました。


こんどは成功しましたが、あんまりうまくできません。なんか、3がよくわからない文明の文字っぽくなってます。


なので、先ほどの木の裏側に同じく2013を、ちょっと違った経路で書いてみました。

方法は簡単。木材の任意の場所に電極を、ドライバーに高電圧をかけて任意の電極の場所からスタート。あとは、文字をドライバーで書いていく感覚です。ただ、ここまで経路が長いと、電力も数百Wほどになってきます。また、長時間発光させるとどうしても煙がやばいです。屋外でやりましょう。
寒いけど。


これは、陰極線管から出るX線を調べてみたもの。冬休み中ですが、物理の先生は研究のため普通に学校に来ているようでして。とある装置を使いに来たついでに、実験しようぜ!的なノリではじまりました。先生のノリがよろしくて。ちなみに、結構出てたわ。これ、普通に実験してるだけなんだぜ。




およそ、以上です。

つぎは、もっとまともな記事であるといいですね。

2012年12月2日日曜日

最近大変

最近とっても大変です。
何かとイベントには行けなくなるし、変な方向に忙しいし、人と縁は切れるし、
実験はあんまりうまくいかないし、人に先こされるし、これでも毎日活動してるのに、
このまま、淀んだ沼の底に溜まってる生暖かい泥になりたい。自分にお似合いな場所な気がして

2012年11月29日木曜日

電子ビーム


どうもshiroです。綺麗な電子の螺旋軌道が汚く撮影できたのでブログのネタにでもしようかなぁなんて。思ってみました。

小指の先ほどの直径で螺旋軌道を描く電子





なかなかきれいですよね。
次はきっとテスラコイルの記事になると思います。


2012年11月19日月曜日

更新しろ!(メイドインワリオ風に)

みんな元気してる?shiroでぇーす。安定して痛い記事かき続けるshiroでぇーす。ツイッター見る限りみなさん元気そうですね。
それにしても久しぶりの更新ですね。ほんと。なんにちぶりでしょうか。数える気はありませんが。
最近ですか?
最近はSSTCとかちまちま作ってます。あと高圧電源とか作ってます。あとコイルガンの設計してます。最近はCADを使い始めてその便利さに感動してます。あと、そろそろ工作機械ほしいですね。せめてボール盤とかほしい。


では、いつもの流れで









この前あった割と嵐のときの写真。遠くの雲の中からフェードインしてくる稲妻さん。


手前の雲の中から登場する稲妻さん。



これは一週間ほど前の濃霧の時の画像。町のシンボルであるdocomoタワーが霧の上から顔を出してるのが見える。


ただのマンションも霧がかかるとかっこいいですね。


先ほどのdocomoタワーがブルームーンの時の月(?)に刺さってる画像。



これは文化祭用に2日で適当に作ったSSTC。システム全体を円筒のラインにすべて収めようとしたなんとなく無意味な挑戦をしてみたもの。



そこそこの電圧を入力できるよにしたSSTCの回路。上のテスラの1次コイルと2次コイルをそのままRe用することを前提に作られたもの。400Vほどの入力(後に320Vであることが判明)で2次コイルの長さは19㎝ほどだが、43㎝ほど放電してくれた。が、長時間放電させてたら素子が死んだ。





文化祭用に作ったテスラの回路の制御回路以外の写真。作りの適当さがよくわかる画像。



これは大きいテスラコイル用に作ったCT。中にCTが入っており、エポキシでモールドしたもの。
しかし、巻数の比が足りないことが、モールドした後で気が付いてボツになったもの。



さっきのテスラコイルの1次コイルをせめてもういくらかまともにしようと、新たに決意を固めた時の画像。



この時点で失敗に気が付きたかった。



先ほどの黒い棒に、この30本ほどの4×4×15mmの細い棒を接着材で張り付けるのある。
ちなみに、画像の細い棒はなぜか3×3×15mmの棒。なぜか、4㎜角の棒のスペースに居れてあり、誤って購入したことにより発生したミス。一つ一つカッターで丁寧にカットしたのちに端面をヤスリできれいに磨いたのにまさかのボツ。



この、並べた時点でミスに気が付いた。だれだよ、4㎜角の棒のコーナーに3㎜角の棒を入れたお客様は。



結局、全部作り直した。いやほんと疲れました。



こんな感じでコイルを巻いていく。ちなみに、コイルに使われているワイヤーはΦ4㎜のアルミ線です。アルミ線を使った理由は安いからです。こだわりのテスラを作っているわけではないので。


このように線の端を叩いて延ばし、穴をあけて、先ほどの柱にナットを埋め込んで、ネジで固定。




安くて平凡なテスラコイルが完成しそうです。見た目はチープですが、一応工作精度はほぼ完ぺきに粗もなく作られてます。




ちなみに、このように中くらいのDRSSTCの設計・制作もすすんでおります。
現在、制御回路、パワー回路、2次コイル、トロイド、光ファイバーによる遠隔操作器が完成しています。あと、1次コイルと組み立てです。
だいたい、1次コイルの保持具の加工が終われば完成まで持っていけます。